母親のひらめきと的確な判断によって髄膜炎から復帰できた妹

今から20年以上前になりますが、4月の中頃、当時高校2年生の妹が家に帰ってくるなり高熱のせいですぐに寝込んでしまいました。私も母親もおそらく風邪で数日間ですぐ治るだろうと思っていました。

しかし1週間ほど経過してもなかなか熱は下がりませんでした。そこで母親はもしかして髄膜炎ではないかと思って、大きな病院で精密検査をしました。母親の予想は的中し、髄膜炎だと診断されて、そこの病院での入院生活が始まりました。その治療にもかなり時間がかかり、退院して学校に行けるようになったのは、6月ぐらいです。中間テストは受けることはできませんでした。学校に復帰してからも体力が回復するまでは、早退したりしていました。私はそのような妹の状況が心配になって会社の人たちに相談しましたが「まだ若いので遅れはいくらでも取り戻せるよ」と励ましてくれました。

その後、妹は順調に事が運び、大学入試もうまくいき無事就職もできてその後遺症は全くないです。妹はそういった経験からか看護師となったのですが、人生とは何がきっかけになるかわかりませんね。それにしても母親がすぐに気づいたことには尊敬します。もし気づくのが遅くて治療が遅れると、脳に障害が残っていて普通の社会生活を営むことさえ難しかったかもしれません。最悪の場合、命さえ落とすこともありえます。

あの時、近所の病院にそのまま通い続けていると、元通りの生活に戻ることができなかったかもしれません。母親の的確な判断が弟を救っいましたが、病院選びは本当に大切だと痛感しました。最初に通っていた近くの内科は日にちがかなり経過しても髄膜炎の疑いをほとんど示していませんでした。母親が動いたおかげで、重い腰を上げてようやく大きな病院を紹介してくれたのです。

後に母親はあの内科は今一つで、私が言わなければずっと放置されていたかもしれない、と怒りをあらわにしていました。やはり自分の病院で治療の限界を感じるならば、紹介状を書くなりしてふさわしい病院を紹介するべきです。あの時、母親のひらめきがなかったなら、妹の人生はみじめなものだったと思います。一生障害を背負って生きていくリスクもありました。しかし今は普通に生活ができていることから、本当に母親に大きく救われたと思いました。

そんな、母の判断で救われて看護師となった妹ですが、横浜市で派遣看護師として働く私のアドバイス※求人探し方のコツというサイトを利用して派遣看護師として働いているようです。子供が小さいので、派遣で働く方が融通が利いていいのだとか。便利な世の中になったものですね。

デリケートゾーンには医療のレーザー脱毛で!

今30代の女性は、デリケートゾーンの黒ずみは、中学や高校の時のブルマのせいと言っていますが、多くの女性が、小学校や中学校、あるいは高校の時きついブルマのせいと言っている女性は多いです。
今はオシャレな女性が増えて、デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性が多くなっています。
そんな悩みのデリケートゾーンの黒ずみは、彼ができればさらに深刻な悩みとなります。
色素沈着だから仕方がないという人もいますが、しかし、諦めないでください。
デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法はいくつもありますから、自分に合った方法で挑戦してみてください。

・専用の石鹸や泡パックでケアする
今はデリケートゾーンの黒ずみ解消を謳った専用の石鹸や泡パックが販売されていますから、それでケアしてみてください。
時間はかかりますが、うすくなる効果が期待できます。
お風呂に入った時、週に一回程度、美白用のパックをするだけでも効果が出るでしょう。
パックをすることで新陳代謝が期待でき、色素沈着している部分をターンオーバーのこうかで薄くすることができます。
注意点としては、パックは週に1度にとどめる事を厳守することと、少しでも異常を感じたらすぐにやめてください。

・ビタミンC導入型などの美白美容液やクリームを塗る
顔用の物を使いますが、かなり薄くなります。また、サプリメントなどでビタミンCを摂るのもおススメです。

・レーザー脱毛
どうしても気になるときや、早くキレイにしたい時にはおススメです。
他の方法に比べると費用がかかることや、多少の痛みがあるのが難点ですが、レーザー治療で悩みが消えて気持ちが明るくなれるならレーザーでの治療の選択もありといえます。

でも、初めてのレーザー脱毛は少し不安なこともありますよね?
私もレーザー脱毛を今も定期的にしているのですが、初めは不安でした。
そんなとき、友人からこんなサイトを紹介され、こちらを参考に通うことになりました。
⇒⇒⇒http://xn--u9j5gqa4a6bh0vua5dxecdb8012s34qc.com/

医療脱毛だと、安心できますよ。
みなさんも、デリケートゾーンのコンプレックスを解消しましょう!

福岡の病院でのお風呂事情について

私は2回入院したことがあります。
1つ目は怪我で小さな外科。
2つ目は目の手術で大学病院。
今回は、入院中のお風呂事情についてお話しします。

1.香椎の小さな外科
当時住んでいた福岡市東区の香椎は、緑や公園がたくさんあるのどかな街でした。
そこで、わたしが階段から転んで怪我をしたときの話です。

怪我で入院だったため、毎日お風呂へ入る事は禁止されていて3日に1回でした。
季節が夏だったのですが、病院内は消灯時間をすぎるとエアコンを消されるので、暑苦しい中毎日お風呂に入れないのはとてもつらかったです。
1日入らないだけで、全身がベタベタするんですよね。
枕も1日使うととても汚い気がして、毎日タオルを巻いて変えていました。
しかも小さい病院だったので、シャワー室は1つでした。
浴槽もあったのですが介助が必要な一人でお風呂に入れない人用だったので、普通に動ける私はシャワーのみでした。
もちろん、シャンプーリンスは自分で持ってこなければなりません。
看護師さんに声をかけてお風呂のカギをもらい、念願のシャワータイムスタート!
15分以上入っていると、看護師さんが様子を見に来ると聞いていたのでバタバタと入りました。

2.福岡市内の大学病院
次は、2度目に入院した福岡市内の大きな大学病院での話です。
大学病院というだけあって入院患者さんも多いので、各階に数室シャワー室があるみたいでした。
シャワー室の大きさはネットカフェにあるものと同じくらい。
脱衣所は大きかったです。
介助が必要な人は数日に1回他のフロアの浴槽に連れて行ってもらったり、体を拭く+シャンプー台で頭を洗ってもらったりしているみたいでした。

手術の前日。
お風呂に入り、手術日から3日程入浴禁止と言われていました。
お風呂に入れない間は看護師さんが体を拭くタオルを持ってきてくれるのですが、もちろん拭いたくらいじゃすっきりしない…。
いよいよお風呂解禁の日。
朝の診察で「術後の経過がよくないのでまだお風呂に入れない」との通告が…。
入浴禁止5日目。
頭のかゆみがなくなりました。何かを悟ったのでしょうか(笑)
入浴禁止7日目。
油のせいでワックスつけすぎたような髪に。7日目の夕方に入浴禁止が解除されたのですが、久しぶりに入るとシャンプーのが全く泡立ちませんでした(笑)。
3回くらい洗ってすすいでを繰り返しました。

特に、2度目の大学病院の看護師さんには大変お世話になりました。
お風呂が入れないとブーブー言う私のグチも飽きることなく聞いてくれたり・・・いつも笑顔で接してくださり、とっても嬉しかったです。
ステキな看護師さんが多い病院でした。
【http://xn--fdkr3kw28jpsor9bot3bbxtyffv85c.com/】

退院後。
お風呂に毎日入れる事はこんなにも幸せなことなんだ!と実感した出来事でした。

父親が入院したので、お見舞いに行きました

私の父親が入院する事になりました。
病院に入院というのが初めての父親で、60歳を過ぎているという事もあり、本人はとても緊張していました。
入院する事に決まった日から、入院日まで、ずっと家の中でそわそわしたり、落ち込んだりしていました。

父親が入院した理由は、大腸ポリープを除去する手術のためです。

もちろん、入院というと怖いですし、手術となると、大丈夫かなと不安な気持ちはありましたが、ポリープというのは良く聞く話ですし、知り合いの人に話をしても、家族の方でポリープを摘出したという人がたくさん居たので、私としては、それほど心配する事ではなかったのですが、やはり、自分が入院するとなると、手術に対してとても不安な気持ちがあるのだろうなと思いました。

結局、品川で看護師をしている知人【看護師 求人 品川区】の勧めもあり、品川クリニックに2泊3日で入院をして、無事にポリープを取ってもらい、特に問題がなかったということで、私も母親も一安心でした。

入院費用はいくらくらいになるだろうかと心配していて、10万円ほど退院の際に持って行ったのですが、実際にはその半分くらいの費用で済んで良かったなと思います。

お見舞いに行くと、いろいろな人が入院していて、4人部屋の人たちも、みんな、それほどお年寄りという感じの人が居なかったので、たくさんの人が入院をして、病院のお世話になっているのだなと思いました。

家族が入院となると、本人も大変ですが、家族みんなが協力しないといけない事があり、「健康で居る事というのは、大切な事だな」と父親の入院をきっかけに、改めて思いました。

自分自身も、今まで健康に対して、ちゃんと意識した事が無かったので、しっかりとご飯を食べて、しっかりと眠り、定期的に健康診断で、体に異常がないかを見てもらい、異常が見つかった時には、すぐに対処してもらえるようにしておきたいと思います。

また、このような時に、しっかりとお金を貯えておかないと、お金の不安もあるので、貯金もしっかりとしておかないといけないなと思いました。

クレーマーの患者を年収700万のエリート薬剤師が成敗!

私が調剤薬局の事務員をしていた頃の話。
その薬局のスタッフやいつも来る患者さんの間で有名な方がいました。

「いつまで待たせるんだ!」
今日は混雑しております。順番にお渡ししてますのでお待ちくださいね。
「なんで処方箋に書いてある事を受付のやつが説明できないんだ!」
薬剤師じゃないと対応できない内容ですので。場合によっては病院の先生に確認しないといけないですから。
「薬の使用期限が切れてる!」
いえいえ、これは元号じゃなくて西暦で書いてあるんでね、まだ何年も使えますよ。
「日本人なら平成って書け!西暦を使うなんて不敬罪だ!そもそも天皇制とは…」
はいはい。
「薬の種類が多いじゃないか!」
いやいや、先生と相談していつものお薬出してもらってますよ。といった次の来店時には
「薬が少ないじゃないか!」
いやいや、先生と相談して減らしたんじゃないの?

という具合に週1〜2回、いつも大声で怒鳴り散らしている名物クレーマーじいさんです。
もちろん、その理不尽かつ自分勝手な振る舞いゆえに薬局内のスタッフも全員知っており、カルテや患者情報を管理する端末にも「危険」「クレーマー」との文字が赤字で入っていました。

薬局のすぐ近くにあるその地区では中規模程度の病院。
警察に逮捕されて拘留されている人を受け入れて対応している病院なんです。
そのため私が働いていた調剤薬局もその方々へのお薬を処方していたのです。

「あのじいさんめずらしく今週来ていないね。」
スタッフと話していると警察の方と拘留されてるとみられる方々が数人いらっしゃいました。
ここの薬局に履歴がある方がお一人。

ん?
え???

あのいつものじいさんじゃないですか。

よく見るといつも見てるあの顔。
但し今日は叫ぶどころかひとことも発しておりません。
そりゃそうだ!

お互い守秘義務があるのでなぜじいさんがそこにいるのか、そのじいさんがここでどれだけ有名かなんて話はしていません。

しかしじいさん達一行が帰った後、スタッフ間で
「あの人があそこにいても納得できるよね」
「違和感ないよね」
「何やらかしたんだろうね」
そんな話になったのはいうまでもありません。
最終的にはウチで勤務している強面?の年収700万もらっているエリート薬剤師がこのじいさんを軽くあしらっていたんですけどね。
このじいさんもこの強面の薬剤師には妙に大人しいんですよ。
大阪のガラの悪いとこ出身でこのサイトで応募してきてくれたみたいです。⇒http://薬剤師求人700万.com/

リサイクルショップでビックリ査定結果!


前から古着を売ったり、逆に古着屋さんで個性的な服を買ったりはしていましたし、文庫本も同じくリサイクルしていました。
リサイクルやリユースはよく聞く言葉ですが、古着と古本くらいがリサイクルとしての認識で、それ他にはリサイクルをしていませんでした。

しかし、少し前にあるテレビ番組で、家の中にある色々な不用品をリサイクルショップに売っている様子を見て、これまではリサイクル=古着(または古本)だったのですが、初めてリサイクルショップに不用品を売りに行こうと決意しました。
それで、前々から要らなかったもので、さらに言うと邪魔だった自転車を売ることに決めました。
まず、タイヤの空気が抜けていたのを入れ直し、全体を雑巾でキレイにしました。
室内保管だったので、幸いにもホコリがかかっているだけです。
ここまでキレイになるとは思っていませんでした。
サビサビのボロボロ自転車では売り物にならないでしょうけれど、サビもないですし、ぶつけた跡もありません。
これならきちんと買い取ってくれそうです。
というか、もったいないので自分で乗ろうかとも思う始末です。
でも、よくよく考えると、遠出や雨降りなどはミニバンで出かけて、ちょっとした距離や天候の良い時はビッグスクーターで外出し、すぐそこなら歩くので、自分の生活に自転車がハマる部分はないのはわかっています。
なので自分で使わずに、きれいにした自転車をリサイクルショップに持って行きました。

お店のおじさんに査定をしてもらいながら、500円~1000円くらいかな?と考えていました。
結局はきれいに掃除した分の手間に見合った買い取り額にならないだろう。自転車は住んでいる市のごみ回収が何曜日かもよくわからないですし、そのごみの日に出したりするよりは、数百円でもお金をもらったら御の字だなと思いながら、おじさんのチェックを待っていました。

査定結果は2000円でした。
えっ?そんなにくれるの?とびっくりです。
古着や古本の売却価格なんて、高級金額の何%かと計算するのもばからしいくらいなのが当たり前と思っていました。
自動車も新車で買って、数年乗って、また新車に買い替える時の下取り査定なんて、ため息しか出ない感じです。
その感じで、ごみ同然で部屋の中に置きっぱなしになっていた邪魔者の自転車が、立派に買取対象として成立したのです。これは予想外のうれしさです。

すぐに身分証明書を提示して、住所氏名を書類に明記して引き取ってもらいました。
あの自転車が次のユーザーさんのもとで、有効活用してもらえるといいなと思います。

自転車よ、ありがとう!元気でね!